×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のしつけ

犬のしつけは大変ですねパピー〜成犬になるまでにお座りや待て、トイレ、噛み癖、マーキングを無くす事は最低げん犬に教えておく必要があります。だいたい生後3ヶ月ごろから故郷の親から離れてブリーダーやペットショップから一般の人へ引き継がれるケースが多いので、成犬になるまでのあいだには飼い主のかたが自分で犬のしつけをしてあげなくてはいけません。自分は東京で一人暮らしだったので一人で本をみながら学習しました最初のうちは可愛いくなついてきますが、犬はつねに自分がリーダーになりたがる習性を持っているようですので、飼い主がしっかりしていないと吠えて意思表示を必要以上にしたり言う事をきかなくなったりしてしまいます。自分でできないと感じたらしつけ教室(東京には沢山ありました)などその道のプロに相談してみるか本をみるなどして勉強しましょう。本は犬の(トイプードルやチワワ、ダックスフンドetc)など犬種ごとに違いがあるので、自分の犬種のしつけ本をみましょう。色々人の話をきいてると、しつけ教室の効果は随分高いみたいですが、わが子と思ってリーダーになる努力をして自分になつくワンちゃんにしてげて下さい。そしたらお散歩、シャンプーやカット、爪きりなど全部できて楽しい犬との生活がまってますよ。

犬しつけ教室とは

犬しつけ教室は言う事をきいてくれないワンちゃんやもっと利口になってほしいという飼い主様がプロの専門の方にあずけたり自宅までほうもんしてもらい、人間と生活するために必要なマナーを飼い主のかわりにおぼえさせてくれる人です。じぶんの知り合いに大型犬をかっている人がいたんですが、今までは中型犬と小型犬の経験しかなかったので、同じようにあまり厳しくそだてなかったみたいで、かなりひとなつっこく温和なワンちゃんに育ったようですが、小型中型とは明らかに力があるので、仕切りをつけたらそれをぶち壊したり、首輪を食べてしまったなど、本人に悪気がなくてもやはり他の方の迷惑になる恐れがあると犬しつけ教室をさがし自宅まできてくれるところがあったので今色々先生に教えてもらってるみたいです。先生のしつけた犬と一緒にそのわんちゃんも色々覚えていくといったような形で勉強しているようです。けどやはり全然おぼえが早くさすが犬のしつけのプロの人は違うと関心していました。あまりにも飼い主になつき依存心をもつと他の人になつかなったりするワンちゃんもいるらしいです。本来持っている犬の個性を大切にしてげるのも大事なようですね。どちらにしろ早期離乳や「社会化不足、間違ったしつけなどをしてしまったりしたらあとあと困るのは飼い主とワンちゃんなのだから度が過ぎて気になる他の犬とは違う行動をしてしまうのであれば犬しつけ教室へいちど相談したりするのもいいかもしれませんね

犬しつけ散歩

犬しつけ散歩についてですが、これは簡単そうで中々難しいものですね。まず散歩してる時にかならず犬が自分の左側にいるようにして歩く必要があります。右に移動しようとしたら常に同じ掛け声をだして左に戻すという作業をくりかえし犬に憶えさせてあげる必要があります。ちなみに自分の飼っているチワワは『そっちじゃないでしょ』というと何もしなくても左の定位置にもどります。ことばは何でも良いと思いますが大事なのは常に同じ掛け声で言い続けてあげるということだと思います。なぜ左かという疑問をもたれた方に説明させていただきますとルールとして歩行者は右犬は左と決められていてそれをする事が大きな事故などを防げるからです。自転車も左なので、つねに端っこを歩くように心がけ、常に犬を壁側やはじの近くの状態を保って散歩することで安全な犬の散歩ができます。しつけと言うよりは、人に迷惑をかけないように心がければいけないマナーということですね。あとはある程度すると行なうようになるマーキングですが、これもしないようにしつけなくてはいけません。しつけが難しい場合は去勢することでほとんどの犬は、マーキングをしなくなり穏やかな性格になるといわれています。犬と散歩する上で最低限必要なのはこの2つでしょう。あとは飼い主が常にリードを使い主導権を握って安全に散歩させてあげましょう


Copyright © 2007-2011犬のしつけ教室や散歩